ギャンブル詐欺はまだ一般的ですか?

ギャンブル詐欺はまだ一般的ですか?

提供します。 Innovationの2019Gambling Industry Reportで取り上げられた調査によると、2017年の不正行為と「ゲームの乱用」の増加は55%でしたが、翌年の成長率はわずか12%に低下しました。これは、ギャンブルによっていくつかの追加措置が講じられた可能性があることを示唆しています。システムの弱点を最小限に抑える企業。

より積極的な規制?

しかし、より良いニュースとして、近年、ギャンブルサイトの規制が急増しており、賭けをしようとしている消費者にもう1つの保護層が追加されています。米国では、実際、オンラインスポーツギャンブルは比較的最近まで厳しく規制されていたため、スポーツ賭博を行うことはほとんど不可能でした。 PASPA、または1992年のプロおよびアマチュアスポーツ保護法の存在により、非常に特定の場所を除いて、米国でのほとんどすべてのスポーツ賭博が範囲外であることが保証されました。

PASPAは2018年に廃止され、スポーツ賭博がより多くの視聴者に確実に開かれました。しかし、PASPAが間違いなく生み出した、米国でのギャンブル規制の文化は根強く残っています。多くの法域では、企業は、強力な会計システムの維持、頻繁な包括的なレポートの提出など、サイトの安全性とセキュリティを確保するために特定のことを行う必要があります。

レビューサイト

ある意味で、インターネットは、ウェブの比較的無法な環境での詐欺のリスクが高まっていることを考えると、ギャンブラーに不利な立場にあります。しかし、ギャンブラーがこれまで以上に詐欺に取り組むためのより多くのリソースを持っていることも事実です。レビューサイトの存在はその典型的な例です。scams.infoのようなサイトのおかげで、ギャンブラーはより自信を持ってオンラインギャンブルサイトでプレイできるようになりました。これらのサイトは近年多数出現しており、潜在的な詐欺サイトをギャンブラーに警告するように設計されています。多くの場合、これらのレビューサイトはユーザーが管理します。つまり、詐欺の不幸な経験をした人は、提出物で知識を共有し、他の人が同じ運命の犠牲になるリスクを減らすことができます。

さらに、ギャンブラーは、彼らに対して詐欺が行われた場合に当局にアプローチする方法に関する情報を簡単に見つけることができます。ボタンを押すだけで、たとえば、州のオンライン犯罪対策部門や不正防止部門に関する情報を引き出すことができます。また、管轄区域内の関連する規制当局に簡単に連絡することもできます。ギャンブルをする機会はおそらく10年か2年前にはもっと限られていましたが、詐欺の場合に救済を受ける方法を見つける機会、そして業界の問題に取り組む機会も同様に制限されていました。

全体として、ギャンブル詐欺がまだ存在しているのは確かです。残念ながら、規制当局や企業がそれらを防止するために何をしても、それらは存在する可能性があります。しかし、ギャンブル詐欺の蔓延に対処できることも事実です。政府、プロバイダー、規制当局、および詐欺防止レビューサイトの努力のおかげで、ギャンブラーは、誰かが彼らと彼らの苦労して稼いだ現金を保護するために彼らの側にいるという自信を高めて遊ぶことができます。